誰も教えてくれない大事な情報を紹介します

知っておくべき大人の知識

葬儀・葬式

葬儀と葬式の違いとは?お通夜と告別式の意味を紹介

更新日:

今回は、「葬儀」と「葬式」という言葉の違いについて説明いたします。

同じような場で使われる2つの言葉ですが、場面や状況によって使い方が異なります。

大人のちょっとした知識として、知っておくといいかもしれません。

葬儀と葬式の大きな違いは?

まず、「葬儀」と「葬式」の大きな違いを説明します。

単刀直入に言いますが、この2つの言葉に大きな違いはありません。

ほとんど同じ意味で使われることが多く、これから細かい部分についての説明を加えていきます。

葬儀=儀式

葬儀は、一般的に儀式を表す際に使われます。

「亡くなった方を葬る儀式」を指す、言葉通りの意味です。

どちらかというと、お堅い印象を持たれるのがこちらですね。

葬式=広い意味での儀式

葬式は、葬儀や告別式をまとめて広く捉えた意味を表します。

「亡くなった方を葬る一連の式」を指す言葉で、こちらも言葉通りの意味になります。

 

通夜の意味

通夜は、故人を葬る前に親密な関係だった人々が寄り添い、一夜を共にすることを指します。

一昔前は、夜通し行うことが一般的でした。

しかし最近では、半通夜と呼ばれる少ない時間で行われることもあります。

告別式の意味

 

-葬儀・葬式

Copyright© 知っておくべき大人の知識 , 2019 All Rights Reserved.